Inbound and Content Marketing Done Right

 これは、eZ社の製品とマーケティング責任者ローランド・ベネデッティ氏が書いた記事からの抜粋です。この記事は、Linkedinに初掲載されました。

 インバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングは、まだ非常に新しい分野です。旧世代のマーケッターが取り入れるのは大変だと思います。すべてのマーケッターに完全に取り入れられる日は来るのでしょうか?

 eZ社は、必ずしもマーケティングのプロではありません。私たちは、ソフトウェア制作のプロです。ですが、私たちはコンテンツマーケティングに情熱を注いでおり、それがデジタル革命時代を通して変化するに従ってきました。その中で、私の頭に浮かんだ考えを一部紹介させてください。有意義な議論へと発展させられれば幸いです。

オンバウンドからインバウンドへ、アテンションからインテンションへ

 マーケティングがオンバウンドからインバウンドへ推移しているというのは今に始まったことではありません。これは、多くのマーケティング分野を実際に変化させている大きな波です。きちんと理解できていないとしても、大半の人が多かれ少なかれ、この波を認めています。

 消費者の買い方は変化しており、今後も変化を続けていくことでしょう。HugeのCEOアーロン・シャピロ氏の書籍『Users Not Customers』に、この部分が分かりやすく説明されています。経済や、そこでのマーケティング方法は間違いなく変化しているのです。

この変化の中で、今どのような現状にあるのか知りたいですか?

 詳細は、LinkedInに掲載の全文をお読みください。

 ニューヨーク地区在住の方は、今週6月10日 (水) に開催のre\VISION New York: We Are All Publishersにご参加ください。eZは、正にこの議題について講義してくださる素晴らしいスピーカー陣を集めました。

Insights and news