How Brands Talk with Consumers

 ブランド戦略は企業のユニーク・セリング・プロポジションです。それは消費者に対する約束です。また、それはコンシューマー・ジャーニーの結果であり、デジタルは切り離せない部分となっています。

 良い消費者ブランドはこれを理解し、いろいろなタッチポイントに従ったデジタル・ユーザー・ジャーニーを主に牽引するものは、コンテンツである事も理解しています。ブランド戦略の利点はたくさんあります。新しいユーザーを獲得し、既存のユーザーに一体感を与える事でより訴えかけ、また役に立つフィードバックや見識を得る事です。

 この工程でコンテンツが鍵になります。上述した利点を得るには、"適切な" コンテンツを作り、管理し、発表する能力がブランド戦略に必要です。もちろん、消費者ブランドが消費者に一対一の関係を作り出す際の、ソーシャル・ネットワークの持つ重要性は増しています。しかし、全ては "適切な" コンテンツから始まります。コンテンツを活用し、ブランドを促進する方法がここにあります。

社交的であれ

 社交的になるべき、という事ではなく、どこに向かうのかという事です。現在たくさんのソーシャル・ネットワークがあります。フェースブックは企業・消費者間ブランドの投資を牽引しています。ソーシャルメディアの顔を超えて、 バイン、インスタグラム、ミディアムに親しんでいるでしょうか? そのような様々なソーシャル経路を通じて、自分のコンテンツを簡単に反映させることが出来るはずです。

フィードバックを誘発せよ

 ソーシャル・ネットワークを活用する事は基本となりましたが、それは閲覧者にウェブサイトやアプリを見捨てさせる事を意味する訳ではありません。アプリの利用経験そのものに対するコメント、評価、いいね、等の機能を使う事で、ウェブサイトやアプリで発生するやり取りを通じ、アピールさせる場を作り出す素晴らしい機会がまだあります。

柔軟な構造を持て

 企業ユーザーにとって、適切なコンテンツと伝えたい事をマッチさせる事は簡単に違いありません。消費者製品は非常に多様でコンテンツは複雑なものになりえます。その為、"適切な" コンテンツを簡単に作り出す為、異なるコンテンツのかけらをのりで貼り合わせて利用・再利用したいかもしれません。

 これはブランドが新しい製品として素早く順応し、市場に出る事を助け、ストーリーが作られます。新しいアイデアと共に、事業が成長し、変化する事に伴い、コンテンツ戦略を順応させることも重要です。ガラス製品を販売している企業があるとします。現在その企業はガラス製品の売り出しと共に、カクテルのレシピを販売促進しています。

コンテクストに適応し、さらに……

 ブランド戦略にとって、コンテクストに順応する事はコンテンツを作る一方で、効率性を上げる為に重要です。コンテンツは一度作られると、理にかなったやり方で場所を問わず発表されます。

 消費者にとって、これはより良いユーザー・エクスペリエンスを意味し、それはブランドとやり取りした後でユーザーが持ち帰るものです。外出先で、消費者はシンプルで見た感じの良いファッションが無いかと、携帯機器でコンテンツを探しています。通常これは、より短い文章とより小さな写真を意味します。同じく、より情報のあるコンテンツとは、文章が完全で、高解像度の写真やビデオがあるもです。これはタブレットやパソコンであれば表示できます。このような適応能力は、反応のあるウェブサイトをただ持つよりもずっと良いです。

関連性を持て

 ブランドは、世界的に通じるコンテントと現地化されたコンテンツを組み合わせる必要がありますが、それは両方のオーディエンスにアピールする為です。デザインとメッセージ性という意味で、世界で一貫性のある同じ体験を伝えながら、純粋な現地化したコンテンツを維持する必要があります。

 "世界と現地" の難しさを解決する為に、コンテンツ同じ部分は全ての翻訳版を含む必要があります。ユーザーにとっては当たり前のことでも、ブランドにとっては大きな頭痛の種になります。

 コンテンツの部分は、ウェブや、ターゲットとなったユーザー区分の特別なプロファイルの利益にマッチしているという転で関係があります。

 コンテンツの個人化技術とマーケティング自動化ツールはこのコンテクストでのコンテンツ価値を活用できます。それにより、驚異的な結果を生む事が可能だが、良いコンテンツと、ユーザーに "適切な" コンテンツを届ける事を保証する為に、良いコンテンツ管理を行う事無しには可能ではありません。コンテンツは消費者へのブランド戦略の燃料です。

 このコンテンツを活用するのに、一つだけ難題が残る。全ての流通経路で組織的、効率的に共有する事です。

 上述した技術を利用すれば、ユーザーが広告を見たいと思うようなブランド企業にずっと近づく事ができます。詳細は、eZ showによるオンラインセミナー、"消費者製品にとっては、コンテンツが事業を意味する" が7月2日に行われます。現在参加予約中です。

 全ての流通経路におけるコンテンツ活用の重要さに関して、マイケル・フリードマン博士の著作も読む事ができます。

Insights and news